本文へ移動

検査技師

スーパー検査技師を目指して

 出雲市民病院は決して大きな病院ではありませんが中規模病院ならではの良いところがたくさんあります。まず、いろいろな業務に携われることです。各機器の担当者はいますがその部門だけでなく、他の部門の検査もできるようにしています。実際に僕も採血、一般、生化学、血液、脳波、眼科領域など様々な検査を行っています。覚えることも多い分大変ですがとてもやりがいがあります。
 また、検査室の人数は少ないですが雰囲気もよく、わからないことも先輩の技師に聞きやすいですし丁寧に教えてもらえるため成長しやすい環境です。
 今後も先輩達の元で、できることを増やしていきなんでもできるスーパー検査技師を目指して頑張っていきたいと思います。 だんだん!

思いやりの気持ちを常に持って

 私は現在、一般検査、採血業務に加え、心電図検査に携わっています。検査には患者さんの協力が必要なものが多くあります。協力してもらうためには患者さんに安心して検査に臨んでもらう必要があります。日々仕事をしていく中で、患者さんが安心して検査に臨んでもらうために、患者さんの心情を理解し、思いやりの気持ちをもって接し、患者さんとうまくコミュニケーションをとりながら検査していくことが大切だと気付きました。
 今、私が携わっている業務の多くが患者さんの協力がなくてはならないものですが、実際、すべての患者さんに対してうまくコミュニケーションをとれているかと言われればとれていない場合も多くあります。今後の目標として、患者さんが安心して検査に臨めるよう、思いやりをもって接し、患者さんとうまくコミュニケーションをとりながら検査をしていけるよう日々努力していきたいと思います。
TOPへ戻る