本文へ移動

児童発達支援センターわっこ

児童発達支援事業所評価の集計結果 R4.1

児童発達支援センターわっこ

スタッフ

管理者(医師)・児童発達支援管理責任者・児童指導員・保育士・看護師・理学療法士・作業療法士
言語聴覚士・臨床心理士・栄養士・調理員

児童発達支援事業(定員1日10名)

0歳~就学前までの発達において心配や難しさがあるお子さんを対象とした療育です。単独通園及び親子通園にて、日常生活における基本的動作の習得や集団への適応を図り、お子さんの個性を伸ばすような支援を提供します。療育は、保育士や看護師を中心にリハビリスタッフとも連携し、多角的な視点で支援しています。
また、通所支援計画は児童発達支援スタッフやリハビリスタッフ等、多職種で一緒に検討し作成します。
◆発達支援
・運動や遊び、社会性の発達を促し、お子さんの自発性を引き出していきます。
・挨拶、食事、トイレ、着脱などの基本的な生活習慣を身につけるように支援します。
・他者とのふれあいや季節に沿った楽しい活動や経験を通してお子さんの興味や関心を広げていきます。
・生活場面を通して、子ども同士のコミュニケーションが広がるように支援します。
◆子育て支援
・保護者向けの勉強会(サポートブック作成)
・出雲医療生協組合員によるわっこ班会(茶話会等)
・定期的な保護者面談
◆季節行事
「たなばた会」・「クリスマス会」・「春待ち会」として、年3回の季節行事を行い、子どもと保護者同士が交流できる場を提供します。
※現在、コロナウイルス感染症対策のため、規模を縮小して活動したり、季節行事の開催を見送るなどの対応をしています。そのため、利用日ごとで季節を感じることのできる活動を提供しています。
◆サービス提供時間
 単独通園 9:15~15:15 (月曜・火曜・木曜・金曜)
 親子通園 9:30~11:30 (水曜)
 休業日  土曜、日曜、祝日、お盆、年末年始、療育調整日(3月末)
      *土曜日に季節行事を開催することがあります。
朝の集まり
音楽療法
季節の活動:プール遊び
季節の活動:節分
製作活動
散歩
保護者勉強会・茶話会
行事:たなばた会
行事:クリスマス会
行事:はるまち会
救急訓練
避難訓練

保育所等訪問支援事業

児童発達支援を利用しておられるお子さんや、リハビリテーション外来を受診されているお子さんが通われている保育園・幼稚園、学校などに、療育・リハビリを担当するスタッフが伺い、集団生活における支援を行うサービスです。お子さんへの直接的な支援だけでなく、園・学校の先生とも一緒に支援を検討します。

◆サービス提供時間
 訪問日 月曜~金曜 8:30~17:00
  *訪問日は、園や学校のご都合を確認させてもらった上で日程調整を行います。
 休業日  土曜、日曜、祝日、お盆、年末年始、療育調整日(3月末)
       

島根県療育支援事業

 お子さんができる限り、住み慣れた地域での生活を続けられるよう、ご本人及びご家族の相談や支援をしていきます。さらに、地域の施設、学校、医療機関とも連携しながら地域生活を支えていきます。
◆訪問療育事業
福祉サービスにつながっていないお子さんの所属の幼稚園、保育園、学校等を訪問し、本人への支援、家族や支援者への助言を行います。 
◆外来療育事業
福祉サービスにつながっていないお子さんの保護者、本人に来所してもらい、支援の方法を伝えたり、家族からの相談に応じます。
◆施設指導事業 
障がい児保育や教育を行う、保育所等や学校の職員に対して医療・療育等の技術支援、助言を行います。

児童発達支援センターわっこ相談支援事業所

スタッフ

管理者(医師)・相談支援専門員

相談支援事業

障がいのあるお子さん、発達において心配や難しさがあるお子さんと そのご家族からの相談に応じます。福祉、教育、医療等のサービスが効率的に提供されるよう、必要に応じて面談やサービス利用計画の作成、  サービス担当者会議の開催、利用機関の調整等を行います。

お問合せ

児童発達支援の見学・利用相談窓口

児童発達支援センターわっこ
担当:児童発達支援管理責任者(石倉)
TEL:0853‐21‐2733(代表)
FAX:0853‐21⁻2734(直通)

相談支援・各種福祉サービスの利用相談窓口

児童発達支援センターわっこ相談支援事業所
担当:相談支援専門員(川上・濱村)
TEL:0853‐21‐2733(代表)
FAX:0853‐21⁻2734(直通)
TOPへ戻る