お知らせ

news住所不明による自由脱退の取り扱いについて

2019年04月03日

住所不明による自由脱退の取り扱いについて

 当生協の定款第10条の自由脱退において、その2項に住所の変更届けがない場合で3年間確認ができない場合に自由脱退とすることが定められています。これは生活協同組合法でも、住所が不明である場合には組合員資格がない状況と認められるとして、その取扱いがモデル定款で定められています。本年度も3月末日においてその取扱いを致しましたのでご報告致します。

 なお、当生協で脱退処理を行った後に申出があれば組合員資格の復活または出資金の払戻し処理を行うことができますので、住所の変更をされないまま転居された皆様で、組合員資格及び出資金の取り扱いを希望される場合はお申し出ください。

 

 (注意)但し、組合員さんが逝去された場合及び島根県外に住所変更をされた場合は、法定脱退として組合員資格は自動的に亡くなりますので、別途ご承知ください。

出雲医療生協・事務局(総務課) TEL 0853-21-2735

一覧に戻る

このページのトップへ戻る